ミネソタ 大 強盗 団。 ミネソタ大強盗団

映画「ミネソタ大強盗団 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

カウフマンの演出も慎みに溢れており好感が持てるのだが、何といってもの光の捉え方が絶妙。 最初の列車強盗を行ったのは1873年7月、ジェイムズ兄弟を含む7名はのシカゴ・ロックアイランド太平洋鉄道の列車を襲い、2,000ドルを奪った。 ジェシーとフランクは老婦人に同行しましたが、時を同じくしてアレンとマニングは森の中でジェシーに殺された地主の遺体を発見し、そばにジェシーが捨てた老婦人の人形が落ちていたのを確認しました。 本作では巷間言われるような義賊的側面は殆どなく、市民を殺す冷酷な面が強調されている。 物語のクライマックスとなるのは、1876年9月7日に起こった、ミネソタ州ノースフィールドにある銀行強盗事件。 ジェシーを演じたのは話題作「ゴッド・ファーザー」(72)で強烈な印象を観客に焼きつけたロバート・デュヴァル。

>

Wikizero

1972年製作/アメリカ 原題:The Great Northfield Minnesota Raid 配給:ユニヴァーサル=CIC ストーリー 1876年、中西部一帯を荒し回っていたコール・ヤンガー(クリフ・ロバートソン)とジェシー・ジェームズ(ロバート・デュヴァル)が率いる一味を免罪にしようという動きがあった。 地主から追い立てされそうな老未亡人にお金を渡し救う美談も、あとで地主を殺し金を取り戻し未亡人が疑われそうな証拠品まで残す人物として描かれている。 ジェームズ兄弟よりも先にノースフィールドへ着いたコールは、牛の買い入れ業者をよそおって銀行家にとり入り、仲間たちを警備員として送り込むなど準備にとりかかる。 一方、兄のフランクはその半年後に州知事の下へ自首し、以降は平穏な生活を送ったため、ジェシーの悲劇的な最後を際立たせることとなった。 卑怯者ボブフォードによるジェシーの暗殺は物語の最後に簡単に語られるのみだし、"The purpose is to show them Yankees the war's still going on" という南北戦争を未だ引きずるジェシーや迷信めいたチャーリーピッツは"you're in need of Religion"と言われてしまい最後には息絶えて、古い考えをもった者たちは歴史に置いていかれる運命にあると皮肉にも暗示しているようなエンディング。 その後コールは25年服役後反省の自叙伝を出版し社会復帰、ジェシーは6年後自宅で仲間に背後から銃殺された。 4歳年上の兄 ()がいる。

>

ジェシー・ジェイムズ

しかし、襲撃は計画通りにはいかなかった。 強盗を仕掛けるにもコールは牛の買い入れ業者を装い頭取に信用され、仲間を警備員として送り込むなど用意周到である。 そんな無法者集団を〝フィリップ・カウフマン〟がどう描いたのか…。 話せば分かる…が通用しない抑制が効かない欲望に満ち溢れた相手に、そんな説得をしている間に皆殺しにされ全財産を奪われる。 実家はを労働力に使う農園を経営していたが、が始まると兄のフランクがに参加した。 コールは警備員に扮した仲間たちを銀行に紛れ込ませて金を銀行に預け入れました。

>

映画『ミネソタ大強盗団』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

出演はクリフ・ロバートソン、ロバート・デュヴァル、ルーク・アスキュー、R・G・アームストロング、ダナ・エルカー、ドナルド・モファット、ルーク・アスキューなど。 ジェシーは自らの作戦であるかのように仲間たちに呼びかけますが、実際のところ、その作戦の発案者はコールでした。 その時現れたのが、ジェームズ兄弟とヤンガー兄弟の一団だった。 終戦後、兄のフランクや元戦友のとその兄弟たち( ()、 ()、 ())とともに強盗団「」を結成して、銀行や列車を襲い殺人を繰り返した。 また、この逃走の際にジェシーらは銀行員の咽をナイフで掻き切って殺害しており、動けない相手への明らかに必要のない殺人が知れ渡ったことでジェイムズ兄弟の名声を地に落とした。 対するジェシーは、コール同様南軍ゲリラから列車強盗へ転身した時代を背負って登場した感のあるアウトロー。 J・J'sギャングという偽名で登場しているが、単行本に掲載された作者のコラムで、この人物がジェシー・ジェイムズであることが書かれている。

>

ジェシー・ジェイムズ

(監督、、演:)• ギャング団で無事に逃げ延びたのはジェシーとフランクだけでした。 大変つまらない。 競馬も終了し、会計係が収益を集めて10,000ドルを銀行へ輸送しようとした午後4時頃、3人の騎乗の男たち(ジェシー兄弟、ボブ・ヤンガー)が突如として襲いかかってきた。 に、アメリカでジェシー・ジェイムズが世界初のに成功したことから、2月13日は「銀行強盗の日」となっている。 そしてジェシーたちはノースフィールドに到着、コールたちはジェシーたちと合流すると売春宿で羽目を外しました。 総合55点 ( ストーリー:50点|キャスト:60点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:60点 ) アメリカでは有名な強盗団ジェシー・ジェームズ一味の話だが、彼らに馴染みのない自分としては、いきなり登場する人物たちと彼らの物語の流れを把握しづらい。

>

「ミネソタ大強盗団」(72・米) 80点

当時のファッションは詳しく良く知らないが、特にミネソタに入る高めのクラウンハットは広めのブリムに寄れたサイド・白のロングコート(牛買いに変装)・髭・ブーツ…は、現代のファッションに共通するものが有る。 ジェシー兄弟の伝説 [ ] ジェシー兄弟の人気を高めたエピソードの一つとして知られているのが、1872年9月の襲撃でのエピソードである。 しかしこの町に住む若者「ボブ」が後年復讐のために射殺したと、メアリーのナレーションで語られる。 人物、生涯 [ ] ()にの子として生まれた。 臨場感ある生々しい画面の実現に貢献しているのは、名手ブルース・サーティーズによるドキュメンタリー・スタイルの撮影。 かたやコール・ヤンガーは、その相棒として記憶されているがその歩みはドラマ性に乏しいきらいがあった。 カウフマンはその後の作品「ライトスタッフ」(83)、「存在の耐えられない軽さ」(88)などでメジャーな監督となって行く。

>

ミネソタ大強盗団

こうして伝説の英雄2人は好対照を見せながら悲劇性という面で仲間の誰よりもドラマチックなジェシーの英雄伝説が肥大化していったのだ。 一行は追手をまくために、ジェシーの家に身を寄せることにした。 コールらはアレンたちに居場所を突き止められて襲撃され、捕まって町に連行されました。 (監督、2001年、演:)• 多面的な人間を演じるにはもってこいの俳優なので適役でもある。 投書が本人によるものか未だわかってはいないがその内容は公表され、ジェシー兄弟の伝説化に貢献した。 そして銀行襲撃の作戦当日。

>

choicetech.com [ミネソタ大強盗団] DVD通販

ジェシー・ジェームズ、コール・ヤンガーが率いる強盗団はミズーリの鉄道会社を狙い、数多くの犯罪を行なってきました。 ミネソタ大強盗団の紹介:1972年アメリカ映画。 それから15年、最強の列車強盗団、銀行強盗団になって行った彼らに、1876年ミズーリ州議会は昔の恩義に報いるべく大恩赦を与えることを提議した。 (作、2001年)• この騒ぎに驚いた銀行員は金庫にロックをかけてしまい、ジェシーは銀行員を射殺するも仲間の一人が金庫の中に閉じ込められてしまいました。 ただ時代は刻々と変わり、ノースフィールドではベースボールに興じたり、蒸気自動車が走っていたり、街頭で蒸気オルガンが奏でられたり、ミズーリ州では観たことがないものばかりで目を見張ることも。 むしろ最後に、生き延びることを暗示されたコールが民衆に讃えられる姿もジェシーのように悲劇的に美しく死ぬアウトロー時代を皮肉に捉えている。 ただ、はちょっと臭い物真似演技で鼻につく。

>