ヨーホー レイク。 JRA武豊騎手とヨーホーレイクが“名馬への登竜門”にチャレンジ!? “12世代連続勝ち上がり”を決めた評判馬はクラシックロードを駆け上がれるか

ヨーホー国立公園

もう少しやれる馬だと思いますので、綺麗な馬場で走らせてあげたいです」 5着 「スタートが速くハナを切って行きましたが、先頭に立って気を使っているようでした。 16年に勝ったアダムバローズは翌年に若駒S(OP)&若葉S(OP)を連勝し、15年には故障に泣いた悲運の名馬シルバーステートが勝利するなど、その年の素質馬が集まる傾向があるようです。 ゲート試験も早くに合格しており、落ち着きがある2歳離れした馬と評判ですよ。 武豊騎手はJRAGI完全制覇へ、残るは朝日杯FSとホープフルSの2レースとなっている。 これまで20回挑戦し、涙を飲んだ武豊騎手。 カヌーを楽しむ人の姿も。

>

ホープフルステークス2020最速予想オッズ(オーソクレース・ヨーホーレイクら出走予定) =競馬ナンデ=

ミッキークイーンの全弟ミュージカルウェイ18(牡、父ディープインパクト)も、19年1歳セレクトセールで3億6000万円(税抜き)の値をつけた素質馬。 さらにデビュー戦を放馬で除外になったものの、仕切り直しの1戦を快勝したディープモンスターと、阪神で行われるエリカ賞(1勝クラス)へ向かう。 「天然の橋」と言ういわれは、流れ落ちる水が浸食した岩が、橋のように残っていることからこの名が付いたようです。 23日、東京競馬場で開催された東京スポーツ杯2歳S(G3)は、1番人気のダノンザキッドが優勝。 今後、目覚ましい成長曲線を描くことができれば、逆転の目が出てくることも十分あり得る。

>

ヨーホー国立公園

武豊騎手はレース後に「気性が素直。 母クロウキャニオンは、現役時代こそわずか1勝に終わったものの、産駒すべてが勝ち上がるなど繁殖牝馬として大成功している。 ルメール騎手を背に、出遅れながらも最後の直線で上がり最速の脚を発揮し、きっちりと差し切って見せました。 8 アランデル 大竹正 ハービンジャー ガラディナー シルクレーシンク ノーザンファー 芙蓉S2 新馬1 25. 9 ラーゴム 斉藤崇 オルフェーヴル シュガーショック 林正道 ノーザンファー アイビーS2 新馬1 39. ヨーホーレイクは父ディープインパクト、母クロウキャニオンという血統。 前走の紫菊賞は福永祐一騎手とのコンビだった。

>

ヨーホーレイクは武豊でホープフルSへ/POG特選情報/競馬・レース/デイリースポーツ online

(右)橋を渡ると湖畔のロッジに向かう。 9 ピンクカメハメハ 森秀行 リオンディーズ タバサトウショウ 木村久子 畠山牧場 萩S5 サウジアラ9 札幌213• これまでにJRAで11頭の産駒がデビューし、全馬が勝ち上がっているのだ。 予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 血統 (父馬) (母馬) 馬主 生産者 前走 2走前 3走前 4. 4倍の圧倒的1番人気に支持された。 4,150 Views 3か月前• 調教通り最後までしっかりと走ってくれました。 6,700 Views 2か月前• 鞍上には武豊騎手を予定しており、2歳戦線を盛り上げることに期待がかかる。

>

ヨーホーレイクの血統表

8日の東京で未勝利戦を勝ち上がったジェイケイマクフィ(牝、堀井)は12月6日の中山7Rで2勝目を狙う予定。 ヨーホー国立公園もカナディアン・ロッキーの一部なので、便宜上アルバータ州のページで紹介します。 全兄には2011年レパードS(G3)を制したボレアス、13年の弥生賞馬カミノタサハラがいる良血だ。 6,400 Views 2か月前• ヨーホー国立公園の見どころ スパイラル・トンネル Spiral Tunnel レイクルイーズ・ジャンクションからトランス・カナダ・ハイウエイを西に向かい、キッキング・ホース峠(州境)を越えて約10kmの位置にあります。 2009年生まれのマウントシャスタも、デビュー2連勝のあと、GIII毎日杯(阪神・芝1800m)で2着と健闘。 まず今週末に阪神で開催される京都2歳S(G3)では、前走のアイビーS(L)で勝ち馬オーソクレースとクビ差の接戦を演じたラーゴムに騎乗予定。 今や、競馬ファンにとっては、馴染みの存在。

>

ホープフルステークス2020最速予想オッズ(オーソクレース・ヨーホーレイクら出走予定) =競馬ナンデ=

。 8,150 Views 2か月前• 「やはり、アドマイヤ軍団で知られる近藤利一オーナーの存在が大きかったと思われます。 体は中型で450キロくらい。 とにかく「ハズレがない血統」と評され、まさに引退して母になってから、その名を馳せた1頭と言える。 今後向かう予定である紫菊賞は、一昨年の勝ち馬アドマイヤジャスタがホープフルS(G1)で2着に入り、2着だったロジャーバローズは後に日本ダービー(G1)を制覇。

>